ヤッホーブルーイング「裏通りのドンダバダ」全国販売開始!

リリース情報

ヤッホーブルーイング「裏通りのドンダバダ」全国販売開始!

「よなよなエール」・「インドの青鬼」などスーパー、コンビニで手軽に買えるクラフトビールでおなじみの「ヤッホーブルーイング」が、「水曜日のネコ」以来実に10年ぶりとなる全国向けレギュラー製品を発表。

真っ赤な缶に覆面レスラー、“ベルトの数より、胸の鼓動”というキャッチコピーも鮮烈な、「裏通りのドンダバダ」を今回はご紹介します!

こちらの製品は、2022年10月3日出荷分より全国のスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどに並んでいるので、すでに見たことがある! という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

日本クラフトビール醸造所のなかでトップの売り上げを叩き出している、ヤッホーブルーイングの7銘柄目となるレギュラー製品、その詳細やいかに・・・。

ヤッホーブルーイングについて

ヤッホーブルーイング

ビールはラガーだけじゃない!

よなよなエール、とかは聞いたことがあるけど、そもそもヤッホーブルーイングについてそんなに知らない。という方に向けて、こちらの企業の概要を少し。

「ビールに味を! 人生に幸せを!」をコンセプトに、1997年に創業、本社は長野県軽井沢町にあります。画一的な味しかなかった日本のビール市場にバラエティを提供し、新たなビール文化を創出、ビールファンにささやかな幸せをお届けすることをミッションに掲げています。

創業のきっかけは、創業者が海外留学時にパブで出会った一杯のエールビールだったのだとか。たしかに、大手のラガービールに親しんできた人にとって、あの華やかなフレーバーと舌にグッとくるような苦みは衝撃的ですよね。

多彩な銘柄とキュートなラベル

多彩な銘柄とキュートなラベル

 

筆者自身が、ヤッホーブルーイングに魅力を感じる点をふたつ挙げてみました。

まず、その製品の多彩さ! 限定ビールを合わせると10を超える銘柄があるのですが、「似たような味」がひとつもないんですね。ペールエールやIPA、黒ビールといったメジャーなスタイルから、バーレイワインなど日本では希少なスタイル、新製法を用いた独創的なスタイルまで、その守備範囲の広さには驚かされます。しかも、全体的に苦すぎないので、日本人の口に合うようにうまくアレンジされていると感じます。

そしてもう一つが、見た目にもキュートなオリジナリティ溢れるラベル! 一度見ると忘れられないデザインのものばかりなので、たとえ飲んだことはなくても、どこかで見覚えがある、という人も多いのではないでしょうか。男性的な、硬派なデザインのものが多かった従来の日本のビールのイメージを、ここでもガラッと刷新していますよね。

メーカーの詳細は、LIQLOGで掲載したこちらの記事もぜひ読んでみてくださいね。

 

日本のビール市場にバラエティを提供し、新たなビール文化を創出する「クラフトビールの革命的リーダー」-長野県 ヤッホーブルーイング-

裏通りのドンダバダ

裏通りのドンダバダ

【Amazonで購入】
長野県 ヤッホーブルーイング 裏通りのドンダバダ 缶 350ml 6本 クラフトビール

ゴールデンエールをモダンに昇華

それでは本題。今回の「裏通りのドンダバダ」とは、どんなビールなのか。

スタイル(分類)は、「フリースタイル・ベルジャン・ゴールデンエール」。ハイ! 聞いたことない名称ですね。スタイル区分はほとんど作り手の自己申告であるとはいえ、もう自分からフリースタイル、と言いきる潔さ。若手ブルワーが「好き」という想いに正直に、伝統的なベルジャン・ゴールデンエールをモダンに再構築した一杯なのだとか。その味わいは、シャルドネワインのような果実味のある爽やかな香りと軽快なウッド香が複雑に立ち上がる、とのこと。

実際に飲んでみました!

「裏通りのドンダバダ」を実際に飲んでみました!

 

ま、なんせ飲んでみましょう。話はそれからだ。

ゴールデンエールは「エール系ビールの入門版」と称されることもあるように、苦みが比較的少なくラガービールに近い飲みやすさ、と言われているスタイル。

でもそこは“フリースタイル”を冠した一杯。グラスを鼻に近づけると、白ブドウのようなフレッシュな香りがふわりと漂ってきます。ひと口含むと、それが華やかに開きながらウッド系のフレーバーと重なって、あとからグッと苦みが突き上げる。はじめから通奏低音のようにたゆたっている旨みも印象的でした。

個人的には、エールの入門版というよりは、エール系の苦みをしっかりと表現しながらも、かぐわしいフレーバーが新しい、と感じました。

作り手のパッションが胸に響く

今回の新作は、若いブルワーが「偏愛」をテーマに仕上げたということで、作り手の「これが好き!」というパッションがひしひしと伝わってくるような一本でした。どちらかと言えば、出会ったことのない新鮮な味わいを求めている人に響くのではないでしょうか。

元気が漲るようなビールを味わいたい! という方は、ぜひ一度試してみてください。

商品DATA

裏通りのドンダバダ

商品名:裏通りのドンダバダ
希望小売価格:¥323(税込)
内容量:350ml
発売日:発売中
販売店:成城石井・ナチュラルローソン・スーパーマーケットライフ・東急ストア・ウエルシア薬局・杏林堂薬局などの全国店舗(一部取り扱いのない店舗あり)。
※販売店は、こちらのURLで随時更新中「裏通りのドンダバダ」取り扱い店舗まとめ【2022年10月5日更新】 | よなよなエール公式ウェブサイト「よなよなの里」 (yonasato.com)

ヤッホーブルーイング「裏通りのドンダバダ」全国販売開始!

Tags

シェアする
前の記事

ビールってどんな酒? Vol.9 「“苦い”のに、なんで“美味しい”の?」

ヤッホーブルーイング「マジ福袋2023」発売!

次の記事