お手軽!かんたん♪日本酒で梅酒を作る方法

日本酒の知識

こんにちは。
日本酒学講師の後藤美沙です。

もうそろそろ梅仕事の季節です。私の場合は、よい梅が手に入ったので梅酒づくり。
…ではなくて。

よい日本酒が手に入ったので梅を調達 笑。

梅酒作りは結構簡単です。
用意するものはこちら。

 

梅酒作りに必要なもの

 

  • 梅 1kg
  • 氷砂糖 300〜500g
  • 日本酒 1.8ℓ
  • 保存用のガラス瓶
  • 消毒用スプレー

 

あとは、梅のヘタを取るための竹串とか、洗った梅を拭くための布巾とか。

 

梅酒とピンセット

 

ヘタを取るための竹串って書いてますが、私は先のとがったピンセットで取ってます。竹串よりも取りやすいです。

 

梅の水気を取る

 

そして、ヘタを取った梅を洗ったら 手拭いの上にドバーッと広げて、もう一枚の手拭いで押さえて 水気を取ります。保存瓶に入れるときに、もう一度軽く拭きながら入れたらOK。

 

保存瓶に梅酒と氷砂糖を入れる

 

アルコールで拭いた瓶の中に、梅を敷きつめ、その上に氷砂糖、また梅、氷砂糖…と交互に重ねていきます。そして、全部入れ終わったらお酒を上からドボドボ。

 

保存瓶に日本酒を入れる

 

もちろん、お酒そのもののテイスティングも忘れません 笑。

 

テイスティング

 

今回使用したのは 藤井酒造「夜の帝王 FOREVER」。

アルコール度数 20%というレアな純米酒。日本酒で梅酒を仕込む場合は、このアルコール度数が大変重要なポイントです! (また次の記事で詳しく書こうと思います)

そうして仕込みが完了!

 

使ったお酒と仕込んだ日を書いておくと、飲み頃や梅の実をあとで取り出すときに参考になります。日本酒で仕込んだ梅酒は、だいたい3ヶ月後くらいには飲み頃になる予定です。

 

次回は「日本酒で梅酒をつくるときのポイント」をお伝えいたしますね。
ではみなさま、今日も佳い酔い一日をお過ごしください。

 

文:日本酒学講師 後藤美沙
編集:LIQLOG

お手軽!かんたん♪日本酒で梅酒を作る方法

Tags

シェアする
前の記事

「味わう」という一瞬に、知恵を絞る。高品質の酒造りに日々挑む「黒龍」の酒造り。-福井県 黒龍酒造-

「酒の中に心あり」酒中在心、賀茂鶴で大切に守られてきた言葉を胸に、広島から心で醸す酒づくり。-広島県 賀茂鶴酒造-

次の記事